おでかけ

奈良県の地域トピックス

奈良市内で本物の奈良印傳が買えるのはここ!

奈良県地域編集長 ぷちまる 2015-03-30 21:07:22

奈良印傳とは、鹿などの皮をなめした素材に染色を施し
漆で模様を描いたもので、奈良時代に始まった歴史ある技法です。

正倉院の宝物にも残されているという印傳の技法を研究し
現代に蘇らせた印傳工房南都さんが奈良県宇陀市にあるのですが
そちらの製品を取り扱っているお店が奈良市にあるというのでお邪魔してきました。
革遊びHARUHINOさんです。

写真


手縫いのレザー商品をお手頃価格で販売されています。

写真

こちらが奈良印傳です。

写真

色とりどりの印鑑ケース。漆で描かれた模様も繊細で美しいです。

でも、奈良好き、鹿好きの私は少し心配になり、恐る恐る聞いてみました。
「これって奈良の鹿の革ですか?」
「違いますよ。アジアから輸入されています。奈良時代からそうだったみたいですよ。」

よかった・・安心しました。
(よそのならいいというわけではないのですが奈良の鹿が密猟されないか心配になったので。)

鹿を撫でるようにそっと触らせてもらったところ、
とてもなめらかですべすべとした手触りでした。

写真左奥の袋に入ったものは、煙でいぶして革に色をつけてあるのだそうです。
こちらは手間暇かかる分、少し高価にはなりますが、
手前の漆を施した方の印鑑ケースだと2000円もしません。
こんな上質なものがこの値段で買えるとは驚きです。

自分用にももちろん、お土産やプレゼントに奈良らしいものを探されている方に是非オススメしたいです。

店内に詳しく製造方法についてのパネルが展示されていますので
じっくりご覧になって、店主さんにもお話を聞いてみてください。
とても親切に教えてくださいます。

写真


また、HARUHINOさんでは、手作りワークショップも体験できます。

写真

コインケースだと、30分くらいで完成できるそうで、事前予約なしにふらりと立ち寄って体験することができます。
料金は2000円から。
ご旅行で来られた方も、地元の方も是非気軽に参加してみてください。
使えば使うほど馴染んでくるのが革製品です。きっとお気に入りのものになること間違いなし!

【革遊びHARUHINO】
住所:奈良市餅飯殿町12 もちいどのセンター街夢CUBE A
営業時間:10:00-19:00
定休日:木曜日
お店についての詳しい情報はHPをご参照ください。
FBページも随時更新されています。

この記事を書いた地域編集長はこの人

奈良県地域編集長

ぷちまるさん

猫と鹿と美味しいものが大好きです。
ならまちで菓子工房&週末カフェを営業しています。
古墳にコーフン協会奈良県支部長でもあります。
http://www.petitmarche-nara.jp/index.html
奈良にいっぱい人が来て欲しいので奈良のお店やイベントをご紹介させて頂きます。
ツイッターアカウント:@petit_marche
FBページ:https://www.facebook.com/petitmarchenara

おすすめ情報

エリアおすすめ情報

Walker注目情報

WalkerTouch(ウォーカータッチ)

ウォーカーのおでかけ&エンタメ情報を毎日楽しめる無料アプリ!

BOOK★WALKER

ウォーカーをスマホで読める!電子書籍販売サービス&アプリ